他国の石(他国の石でも、自国の参考にせよ)

「和魂洋才」という言葉がある。本来は「和魂漢才」である。このように格言も時代に合わせ変化する。
 ここでいう「他国の石」の本来の格言は、「他山の石」である。
 まずこの「他山」の意味は、山でなく寺という意味である。そして「何の関係もない他寺の石でも、自分の寺の石の参考になる」と解釈すべきである。
 ならば「他国の石」とは、一見何の関係のないように見えても「他国の失敗した原因・行動、他国の悪い行動も、良い行動も、自国の教訓になる」と解釈すべきである。
 そうすれば死語と化したこの「他山の石」も、「他国の石」として、日本国家のため最も役立つ格言の一つとして、現在によみがえるであろう。
 なおこの「他国の石」に対比する格言に、「対岸の火事」がある。
 「対岸の火事」は、面白く見ているだけで、「こちら側には何の関係もない」という意味であるが、近年グローバル化した世界、コロナウィルスの例のように、「対岸の火事」として見過ごすことが出来なくなった。
「他国の石」「対岸の火事」、決して混同してはならない。

一度中国の傘下に入った国が、どうなるか?

 それは、「他国の石」の教訓から「チベットの例」(ウイグル)を見るべきである。
 「チベットの例」とは、中国政府がチベットへ侵略したのは、1948(S28)である。当時チベットは仏教国であり「非武装中立国」(儀礼的な軍隊しか持たない国)そして「平和主義国家」であった。
 「非武装中立国」である故、同盟国が存在せず、直ちに駆けつけて助ける国が存在しなかった。
 故に中国政府のやりたい放題の状態になった。ただし、中国政府はこれを「チベットの解放」と称して、「正義の行動」としている。「正義」とは、この程度のものである。
 中国政府支配以降、チベット人が如何なる抵抗を試みようが、中国政府は、「チベットの中国化」を進めている。それが「中国の正義」である。
 「国によって正義」が異なる(正反対になる)。
 日本国は、チベット(ウイグル)の現状を「他国の石」として注目すべきであり、一方台湾は、1国2制度で出発した香港がどうなっていくのかを「他国の石」として注目すべきであろう。
 意見には、必ず「賛成論」と「反対論」がある。
「反対論」の人たち! ぜひ意見をお寄せ頂きたい。

国民(くにたみ)よ 他国(よそくに)の石 ここにあり
          日本チベット 台湾香港

昔在他山石  昔、他山の石(というもの)あり
今在他国石  今、他国の石(というもの)あり
之石在那邊  この石、何処にある
日本在西蔵  日本は、チベットに(参考にすべきもの)あり
台湾在香港  台湾は、香港に(参考にすべきもの)あり